Skip to content

租税

地方自治団体が財政需要に充当するために管轄区域内の住民・財産または収益、その他の特定行為に対して地方税を課税しているし、主にその財源は、主に道路、下水道、ゴミ処理、住居環境の改善、社会福祉施設などの、住民便益と福祉増進のために使われています。
 
地方税は、総11個の税目で構成されているし、普通税には、取得税、自動車税、財産税などの9個の税目があり、目的税は、現在、地域資源施設税、地方教育税の2個の税目で構成されています。特に、二重財産税、登録免許税、住民税、地方所得税は、区財源の重要な比重を占める区税です。
 
例えば、財産を取得する時には取得税を、自動車を所有しているか財産を所有している者には、自動車税や財産税を賦課します。